交通事故

Traffic accident

交通事故に遭われた方々へ

交通事故の方

交通事故治療・むちうち症は、すぎのき整骨院の得意分野です。なぜなら院長も東京で歩行中にバイクにはねられて、酷いむちうちになった経験があるからです。当時は自分自身が良くなる為に専門的に勉強しました。すると現在のむちうち治療の矛盾点などが見えて来ました。むちうち患者さんの痛みや苦しみをよく理解しておりますので、必ずあなたのお役に立てると考えております。

すぎのき整骨院では初回より0円です。当院では、交通事故に遭われた方々に専門的な施術を行っております。当院で行う電気治療・手技マッサージなどの治療費は自賠責保険等により支払われます。治療費は当院から保険会社に請求致しますので、患者さんの負担はありません。さらに保険会社への連絡・手続きは当院で代行致します。

 

交通事故に遭った場合の流れ

相手方の連絡先(名前、住所、電話番号などを運転免許証と見比べて確認)や車のナンバーを必ず控える。

         ↓

必ず警察に電話をして、警察官に現場確認してもらい、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

         ↓

事故に遭ったら事故治療専門家(医師・整骨院の先生など)の診察を受けることが大切です。まずは医師の診察を受けて、事故による重篤なケガがないか、みてもらいましょう。

         ↓

また診断書を発行してもらってください。必ず所轄の警察へ提出してください。(診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません)

         ↓

これで自賠責保険での治療が可能となります。(乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者も治療できます)

 

むちうち治療で大切なこと

まず当院が考える大切なことは、むちうち損傷は筋肉のキズですので、骨の歪み矯正や首を引っ張る牽引治療などは絶対にやってはいけないということです。大切なことは脳のリラクゼーションを行いながら治療をすることです。むちうちでは倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状で悩まされることが非常に多いのです。それはむちうち損傷でキズがつきやすいのが…斜角筋、胸鎖乳突筋、棘内筋、頭板状筋など自律神経系と関係する場所だからだと思います。

 

自律神経失調症状は…

☆体の症状

頭痛、頭が重い、肩こり、全身だるさ、動悸、めまい、ほてり、不整脈、微熱、疲れやすい、立ちくらみ、不眠、食欲不振、冷え、のどのつまり、便秘、下痢、眼精疲労、多汗症、耳鳴り、のどの渇き

☆心の症状

不安感、イライラ、落ち込み、気分が変わりやすい、意欲低下、さみしさ、孤独感、集中力低下、記憶低下、情緒不安定

 

さて事故当時、当院院長も自律神経症状がはっきりとでていました。すぐにストレスを感じていたものです。整形外科や接骨院の治療を続けても、症状は改善しませんでした。様々な本を読み、自分でこれらの自律神経症状はむちうちから来ていると知って、とても安心したのを覚えています。そして、電気治療や牽引治療をしても筋肉のキズはあまり治らないこともわかりました。さらに頭痛や気分が悪いのも筋肉のキズを治せば治るのだとわかりました。そして、自分なりに筋肉のキズを治療することで、劇的に良くなりました。現在、交通事故に遭ってから10年経ちますが、当時の頭痛やシビレは再発していません。ですので、いま病院や他の治療院で交通事故による首や背中・腰の痛みや、手足のシビレや、骨折後の治療中だけど、一度当院に来て話だけでも聞きたいという方はぜひいらしてください。きっとあなたのお役に立てると思います。